ブログ・お知らせ

2018-06-08 14:45:00

【BBカード】Why?なぜそう思うの?に自分なりに答える

先週末は、BBカード講師の勉強会に参加して、またまた他教室の先生方から、BBレッスンのアイディアをたくさん頂いてきました。

 

BBカードを教えてる教室は、並行して絵本多読をカリキュラムに入れている先生がほとんど。

なので多読指導に関するお話もたくさん聞けて、大変参考になった今回の勉強会でした(^_^)

 

 

さて、早速その勉強会でシェアして頂いたゲームで、前回のレッスンは大盛り上がりでしたよ!

 

642C3F85-ECE4-4A1D-88CF-0FE5AA19ADF8.jpeg

 

形容詞のカードを1枚選んで、

 

たとえば『happy』だったら、

 

Who is the happiest?

誰が一番幸せそう?

 

ダイヤのカードの中から、それぞれ、自分が一番『Happy』と思うカードを、自由な発想で選んでもらいます。

 

D714ED1F-FB02-4329-8F70-46F52C9D3531.jpeg

あれじゃないこれじゃないと、みんな選ぶのもとっても楽しそう!

 

Who is the happiest? 1, 2, 3!!

でみんな同時に開いて、先生と同じカードを選んだ人が勝ち~!ということで、遊びました☆

 

大盛り上がりでみんな「もう1回!もう1回!」と形容詞5種類くらい、繰り返しましたよ(^_^)

 

このゲームの狙いはもちろん、

◎形容詞の単語に触れること

◎最上級(○○est)の表現に触れること

 

もあるのですが、

もう一つとても大切なのは、

◎Why?なぜそう思ったの?の問いに自分なりに答えること

 

カードをめくった時に、(例えばpoorという形容詞であれば)

Why do you think that is the poorest?

どうしてこれが一番お金ないと思ったの?

と選んだ理由を尋ねていきました。

 

5E48F680-A15B-491D-BCC5-2C1951546C86.jpeg

 

すると4歳~6歳の子たちが、自分なりに、

「だって釘がお金持ってる訳ないやん!」

「だって動物だもん!」

「子供だからお金持ってないと思う!」

と次々に答えてくれます。

 

正解か、不正解かは関係なく、

Why?どうしてそう思うの?

に対して

Because...だって○○だから!

自分なりの理由や根拠を述べられることって、

英語のコミュニケーションにおいてとてもとても大事なスキルです。

 

どうしてそう思うの?

なぜ○○が好きなの?

なぜそれが良いと思ったの?

 

Why?の質問、英語での会話の中では本当に本当に、よくされます。

 

BBカードを通して子供たちの「思考力」も育てていきたいです。