ブログ・お知らせ

2017-12-21 15:24:00

文字が読める=本が読める??

夏頃から、多読指導者向けのセミナーに参加したり、勉強会で他の教室の先生の話を聞いたり、しながら、効果的な絵本多読のやり方について勉強・模索中です。。

 

BBカード・絵本多読クラスの絵本の時間ではここ1ヶ月ぐらい新しいやり方を試しています。

 

E79F5686-D281-4F62-82B3-79E339602CFE.jpeg

 

①登場人物を確認

②表紙を見てストーリーを想像→アウトプット

③本を閉じてCDを聞く→聞きとれたことをアウトプット

④文字を隠して絵だけを見て読み聞かせ→絵に関してQ&Aをする

⑤先生の後をリピート

⑥CDを聞きながら音真似

⑦みんなで音読(ここで、意味が分かった状態で読めている、というのが目標!)

 

 

1冊の本をこれだけのステップを踏んで読んでいます。(今はまだ短い絵本なので10分弱程度ですが。)

 

飽きてしまうのでは!?とも思ったけれど、案外みんな楽しみながら、最後までできています。

 

単に文字が読める=本が読める

ではなく、

 

読むと同時にその情景が頭に浮かぶ=本が読める

 

だと思っています。そこを目指して、少しずつ、練習をしていきたいと思います。