ブログ

2017-11-15 12:02:00

多読は究極の自律学習☆

BBカード・絵本多読クラスでは、宿題で読む練習をしてきた本の中でもし自信があるのがあったら、先生にも聞かせてね☆ということにしてます 。

 

先日火曜日のレッスンの時、久しぶりに、小学2年生の2人が「読めるかもしれん!」「読んでみる!」と言ってリーディングの発表をしてくれました。

 

728B3729-5536-4E77-BDD3-A529B939C300.jpeg

 

2人とも立派に読めていましたよー☆とお迎えの時にお母さんたちに話すと「え?本当ですか?いつの間に練習してたんだろう...」と驚かれていて、

 

お母さんに言われず自分で宿題やってきたんだ!ということにも感心したし、

 

なにより、自分の意志で「読めるようになりたい」という気持ちを持って練習してきてくれたんだ!ということにとても嬉しい気持ちになりました♡ ^^

 

 

その時にふと思い出したのが、先日多読学会のセミナーに参加した際にある先生がおっしゃっていた「多読は究極の自律学習ですよ。」という言葉。

 

語学の学習に「ここまで!」という終わりはないです。“習慣化”して細く長く自律学習していく必要があります。

 

その一番の方法が「本を読む」(=多読)ことだと思います。

 

私自身も今も、多読を通して英語を自律学習し続けています。

 

子供たちに今英語を指導することはもちろんだけど、将来英語の自律学習者になれるように道筋を作ってあげることも、教室・先生の役割の一つだなと改めて、思いました。